血圧の正常値を知りたい

高血圧は注意!国立循環器病センターで動脈硬化ドック

日頃から血圧が高い人が気になる病気に、心臓や脳の血管の病気があります。
よく耳にする動脈硬化、一体血管がどうなってしまうのでしょうか?
若いうちには、しなやかで柔軟性にとんだ動脈も、年齢を重ねるにつけ、内壁側にコレステロールなどの脂肪がたまり
徐々に動脈本来の柔軟性を失っていきます。
こうして動脈の内径が狭くなり、動脈の中を流れている血液の流れが悪くなる状態を動脈硬化と呼んでいます。
動脈硬化は、生まれ落ちた時から徐々に進行が始まっており、一生付き合わなければならない血管の変化なのですが、
症状の進行を少しでも遅らせて、動脈硬化が原因となる脳卒中や、心筋梗塞、大動脈瘤や、腎硬化症などの恐ろしい病気に
かかる確率を低くすることが重要です。
動脈硬化を調べる方法として、動脈硬化ドックというものがあります。
これは、血液検査、超音波検査や、MRI、エコーなどを使用して動脈硬化の進行度合いを調べることができるものです。
循環器病の専門のセンターとしては、国立循環器病センターという施設が大阪にあります。
国立循環器病センターでは、より高度な高度循環器ドックというものもあり、精密な検査を受けることが出来ますが、
国立循環器病センターの役割の一つに、循環器病の高度先端医療の開発といったものがあります。
ですので、一般の病院の動脈硬化ドックと違って検査結果を研究利用するということになります。
動脈硬化ドックが必要となる人としては、高血圧、高脂血症、喫煙、肥満、糖尿病などの危険因子を持っている人、
日頃から運動不足の人や、血圧が気になっている人、手足のしびれが気になる人などです。
重大な疾患が隠されているかもしれませんし、血管の老化は日々進行していきます。
動脈硬化ドックを受診することによって、悪い生活習慣を改善し、根気よく健康な生活を送るよう心がけることが重要です。