血圧の正常値を知りたい

高血圧で胸の違和感が?対策にお勧めのツボ押し

何となく胸の違和感を感じるという方も、少なくありません。
息苦しい、重い感じがする、不快感など胸の違和感を感じた場合、心臓病を疑ってみましょう。
狭心症や心筋梗塞といった、心臓の病気が起こっていると、このような胸の違和感を感じるケースが多いと言われています。

心臓の病気は命にも危険が及ぶ、大変怖い病気です。
ですので、少し気になる症状がある程でも、胸に違和感を感じたらすぐに病院を受診しましょう。
狭心症や心筋梗塞は、様々な原因で発症します。
その中の1つに挙げられるのが、「高血圧」です。

血圧が高い状態が続くと、血管壁に強い圧力がかかり、動脈硬化が進みます。
動脈硬化により心臓部分に血液の供給が少なくなると狭心症に、そして血栓ができると心筋梗塞を起こしてしまいます。
心臓が強い力で血液を送り出している状態が、高血圧です。
このように心臓が無理を続けると、心肥大という心臓の壁が厚くなる病気を発症するリスクが高まります。
心肥大になると動悸、息切れといった症状だけでなく、生命にも危険が及ぶと言われています。

血圧が高いと心臓や血管に負荷がかかり、心臓病を発症しやすいのです。
ですので、日頃から血圧を下げるような対策を行いましょう。

対策法として手軽なのが、ツボ押しです。
合谷という手にあるツボを刺激する事で、血圧を下げる効果が期待できます。
合谷は親指と、人差し指の骨の付け根にあるツボです。

このツボを押す事により、血流の流れが良くなる事で、血圧を下げると言われています。
他には首の前側にある人迎、肘部分にある曲池、ふくらはぎにある足三里といったツボも、高血圧対策に有効です。
ツボ押しは時間があれば、手軽に行えるので毎日の生活に取り入れてみましょう。